DQOzはそういうことだから

DQOz非公式サイト

毒男と花子とヨースケくんのようです

 

('A`) <ディスコードってなんですか?

 

毒男です。今週も毒男なりにね、鬼太郎の事を好き勝手書きます

 

今週のテーマはアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」史上でもかなり珍しい「学校の怪談」をテーマにしたもの。どっちかと言うと「地獄先生ぬ〜べ〜」とかのお株では有りますよね。逆にぬ〜べ〜は都市伝説方面で行き詰まって来た辺りで所謂「日本の妖怪」方面にシフトチェンジして人気を持ち直したっていうエピソードも有りますが

人面犬(モブモブのモブでしたが)とか何気に鬼太郎作品初登場だったんじゃないかな。分かんないや 教えて詳しい人

 

こういう学校の怪談とか、怖い話って実は妖怪への愛とはまた違うベクトルで(深く絡み合ってはいるんですが)めちゃくちゃ思い入れ有るんですけど、それ言い出したら一冊出来ちゃうので鬼太郎達にフォーカスを当てていっちょ行ってみようと

 

今話でメインとなる妖怪は「トイレのヨースケくん」、そして何より放送前から多くの期待を集めていたのが今の日本で最も有名な幽霊と言って良いでしょう、超ビッグネーム「トイレの花子さん」です。お岩さんとか貞子さんとも充分肩並べてるんじゃないかな、認知されてる人口的には

 

f:id:fromDQOz:20180603123335j:image

 

学校のトイレに現れる少年少女の怪異についてですが、女子に関しては「花子」さんが圧倒的なシェアを占めてます。対して男子は「太郎」くんがまぁ強いんですけど、「次郎」くんも居たり、今回みたいに「ヨースケ」くんも居たり、意外と安定してないんですね。

 

ここら辺は妖怪クラスタ及び怖いもの好きの必携書である朝里樹氏「日本現代怪異事典」に詳しいんですが

実は「トイレのヨースケくん」、この事典に載ってません。どうも情報が少ないようで、発祥元もはっきりしてないみたいです。ぶっちゃけヨースケ個人が学校の怪談として、現実世界に広く浸透してる訳では無いのかも知れません。だからこそ逆にね、今回を期にスターダムにのし上がって欲しいなぁとか思うんですけども

 

 

では、何故「ヨースケ」なのか

一つ有るかなァと勝手に考えてるのが、彼何とホラー映画でメイン張ってるんですね。然も花子さんと戦ってる

 

f:id:fromDQOz:20180603132337j:image

 

そんな馬鹿みたいにヒットした訳でもない、所謂カルト的なね。「ヨースケ対花子」って字面で勘のいい人ならピンと来たかも知れませんが「貞子対伽倻子」の系譜です。色物の中でも一際目を惹くマッチアップといいますか、その手のブツに目がないマニア達の間ではそこそこ知られた存在だと認識してます。

 

花子さん関係の話によく付いてくる尾ヒレとして「花子さんと太郎くん(他大勢)の繋がり」って色々有って兄妹だったり、ボーイフレンドだったりするんですが

10話の流れとして、ヨースケくんが花子さんに優しくされたのを「自分に気が有る」と勘違いしてストーカー行為を開始、挙句ヤンデレを爆発させるみたいな実に救いの無いストーリーだったので、

「花子と太郎」みたいに分かり易く対になってて如何にも血が繋がってそうな名前よりも、「ヨースケ」っていう若干浮いてて、加えてカッコいい選択肢が有るならそれにしとこうか、みたいになったんちゃうかと。製作陣にあの映画を知ってる人間が居たのかどうかは定かではないです。

 

どうでもいい前置きが長くなりましたが、

いやー今回もなかなか攻めた内容になりましたねぇ。猫姉さんとまなちゃんの百合分補給回ではないか、いや期待値天井の花子さんが掻っ攫って行くのではないか、と俺の中で激しい(激しく気持ちの悪い)論争が巻き起こっておりましたが

実際は、花子さん鬼太郎と混浴温泉に浸かる役のみで、最初の登場シーンからバスタオル一枚、そして最後の最後まで風呂に浸かって終わるという  アイデンティティをかなぐり捨てた体当たりの演技で視聴者の心を鷲掴みにしました。何か裏を搔こうとしてただの肩透かしになってねぇか? 俺は花子さんとヨースケ、花子さんと猫娘の絡みが観たかったよ。花子さんめちゃくちゃ可愛いのに。勿体ない

 

初っ端から妄想先行型ツンデレが爆発する猫娘、クズ呑んだくれキャラが爆発する子泣き爺、衝撃の花子さんサービスシーン、何故か挟まれる濡れ女のサービスシーン、吊るされる七不思議、ストーカー同士の熱い絆、まさかの壁まな等々濃ゆい展開の中に、ヨースケくんがねずみ男を攫ったのを見て腐れ砂かけ婆が頬を染めるという災害レベル神の薔薇もブチ込まれ相変わらずのやりたい放題。先週の執拗なケツ描写と言いマジで今期どうかしてるよ。

 

途中サラリと「黒百合の花」とかいう特殊アイテムが出て来ましたが、アレは前回の主役「河童」を意識させたものなのか、若しくは今回は百合回ですよっていうのをアピールしたかったのか、言うて百合要素はあんまり無くて男の勘違いは哀しいねってのと、まなちゃんはJCにして妖怪を垂らし込む術を心得た罪な女だよっていうだけの話なんですけど、何にせよ下駄箱に入れて気分の良いもんではないですよね。

 

ていうか「アンタキモい!思い込み激し過ぎ!私が頭覚まさせてやるわよ!」ってな上から目線の(もっと鬼太郎と上手い具合にイチャコラしてから言えや)猫娘様に腹パン→爪でズタズタにされる(頭覚まさせる以前の問題なんですが)というご褒美コンボに加えて、シレっとねずみ男の罪もなすり付けられててマジで俺達じゃねぇわヨースケ救いねぇなと泣きながら観てました。ヨースケェ……

 

あと、毎回敵妖怪が倒された後に出て来る火の玉みたいなヤツが消えずに何処かへ飛んで行くのが確認出来たので、やはり「お化けは死なない」って事なんでしょうね。体を維持出来なくなったので妖力の塊みたいな状態に戻る、的な。安心しました。

 

ていうかヨースケはイケメンで妖怪っていう時点でかなりアドバンテージ有りますよね。人間で毒男の俺はどうしたら良いんだよ! どうしたらまなちゃんに引かれたり花子さんに怖がられたり猫娘に殺されたり出来るんだ!! おい! !! 答えろよ!!

 

 

 

 

 

はい 今日はこんな所で

 

 

 

('A`) <あばばばばば