DQOzはそういうことだから

DQOz非公式サイト

毒男とベリアルのようです

 

('A`) < サイファーキッズ

 

毒男です。一回お預け食らってからのプリキュアは久々にビシンたそが出て来たり帰って来たドクタートラウムにツンツンしてるルールーが見れたりして個人的に凄く良かったです。仲間と敵の境が割とあやふやな中でハリーさんの過去も少しずつ露わになって行き、どう決着付けていくのかが見ものだなと

 

でまぁ今週の鬼太郎なんですが

 

f:id:fromDQOz:20181113163823j:image

 

鬼太郎シリーズではお馴染みの謎敵、悪魔王ベリアルさんが登場という事で。

悪魔なので魔法も達者だし頭もキレるし強いはずなんですが、どうも立ち位置が微妙というか、先ず原作での扱いがちょっとアレでね。今回は特に西洋妖怪編が続行してる状況だったり、以前のゴリ押し境港編からの流れが有ったりして本人の影が大分こう、薄くなってたなと

 

以前、海座頭だか蟹坊主だかのくだりでまなに岡惚れした若者烏天狗の小次郎が実質的な主役です。心眼を開く修行は恋心に惑わされて全く上手く行かないし、お師匠さんの下を飛び出した所でアニエスと一緒に境港に遊びに来たまなと遭遇すると分かり易く調子こいて羽団扇ビュンビュン振り回した風でベリアルの力を封印していた塚も壊してまうし、いや幾ら何でも塚壊れ易過ぎやろと思うんですが、まぁそれだけ強烈な技なんですかね。何にしてもレギュラーと絡むのは小次郎さんな訳ですよ

 

引き換えベリアルと言えば道端でゴミ雑誌売るし(まぁ落ちぶれベリアルは鬼太郎シリーズの定番ネタではありますが)バックベアード大将に呼び出されたら急にヘコヘコして西洋妖怪の重鎮のポスト欲しさに指輪を手に入れようとするし、あのインパクト抜群の分身も「恋のパワー笑」で心眼を会得した小次郎にあっさり見破られるし、完全にヤラレ役。かませも良いところでした。苦労人キャラが極まってるというか、ベリアルもっと頑張れよと。鬼太郎ファミリーは一反木綿しか出張ってなかったですからね。烏天狗の里を壊滅させた所はカッコよかったけど、主役にも飲まれずにもっとこう、良さをぶつけて行って欲しかった。ベアードとの絡みなんて激アツじゃないですか。何だろう、「ワシは悪魔だ、お前ら妖怪とは違う」みたいなセリフ吐いたりさ。一線画してる感じを期待してただけにね。ゴリゴリ西洋妖怪の枠なんだってなっちゃいました

 

因みにベリアルが魔法で烏天狗の家をぶっ潰すのは原作リスペクトです。力が蘇ったベリアルが真っ先にホットケーキ召喚したり、子泣き爺が遠隔しゃっくりで足止めを図ったり、「ぼくは家もふとんも何もかも失ってしまった」という名台詞も飛び出す味のある回なので是非一読を。この辺の若干緊張感に欠ける感じがベリアルの立場を何とも言えないものにしてるのでしょうか

 

あとこういう事言うと銀魂厨の誹りを免れないだろうなと思うんですがキョドる小次郎が新八が童貞弄りされてる時を想起せずには居られないというか、まぁそこら辺含めての楽しみ方だったりしますもんね(好意的な見方)

更に言えば今週はちょこちょこ作画にしんどい所無かったですか? 偶に来ますよね。まなとか鬼太郎の顔が「オ?」ってなる事。スタッフお腹痛かったのかな

 

来週は白山坊という事で。何か鬼太郎の白山坊って怖くて不気味な奴と愉快で憎めない奴のイメージが二つ有るんですけど今期はどっちかな。予告の雰囲気的には前者かな。5期のねずみ男とのコンビは割と楽しく見れましたが

 

 

では

 

 

('A`) < ネット上がり