DQOzはそういうことだから

DQOz非公式サイト

毒男とのっぺらぼうと白粉婆のようです

 

('A`) < ストップ ザ シーズン

 

毒男でっせ。

プリキュア、てっきり「河童型」なんだと思ってたら女王様気質の天狗っぽいのが出てきましたね。河童宇宙人説とか、流れ星の事を天狗(アマツキツネ)と呼んでたとか、その辺のディープなオカルトやら伝承の流れを汲んでるのか、単純に日本妖怪からモチーフを持って来てるのかは謎ですが結構私向けにぶっ飛んでて良い感じです。みんな可愛いし

 

鬼太郎は数話に一回の平和エピソードでした。ちゃんと見たら余裕でエグい事になってましたけどね

メインを張るのはのっぺらぼう。初っ端からゲゲゲ作品での彼最大の得意技、食べた者の顔を奪い取る「魂の天ぷら」を引っ提げ登場しますが今回はええ役です。

 

f:id:fromDQOz:20190217102917j:image

 

f:id:fromDQOz:20190217103037j:image

 

のっぺらぼうは「ずんべら」の時に描いちゃってたので追加イラストは仲間と目される事が多いぬっぺっぽう

人間側の主役はチャラ男キャラで売り出し中のアイドル北島敦。のっぺらぼうは幼少期、彼に遊んで貰った思い出を大切にしてて、現在でもメッセージアプリで遣り取りする仲と。羨ましい限り

ただ北島の方はその事をあやふやにしか覚えてなくて(妖怪と遊んだ記憶ってそんなもんらしい)、飽くまでネットで繋がった相手だと思ってる。妖怪が見えるかどうかの境界線って鬼太郎世界ではかなり曖昧なんですが、今話では「子供の頃は見えていた」「大人になったら妖怪を信じなくなり、見えなくなった」「今は心が弱っているから見える」等々かなりヒントが多かったです。ただそういうのとは関係無く鬼太郎(鬼太郎ファミリー)は誰にでも認識可能みたいだし、妖怪側の力が或る程度強かったり条件が整ってたりすれば見える時は見えると。あとLEIN(実質LINE)使えば話は出来ちゃうと。やっぱり曖昧じゃねぇか

 

絶対にバイキングではないお昼の番組ハイキング(実質いいとも)に登場した北島ですが、大好きなヒーロー、ゴーゴーマンが宣伝に現れた事に舞い上がり限界オタク丸出しの姿を茶の間に流してしまいます。

SNSの批判に晒され、どう見ても道を極めてる系の事務所に詰められ、悩む北島は唯一本当の自分で居られる相手、のっぺらぼう(PN:ゴーゴー万次郎)と直接話したいと出会い厨をかまします。相手に自分は見えないかも知れないし、縦しんば見えてもドン引きされる事請け合いだと慌てたゴーゴー万次郎は選りに選って対人スキル皆無、コミュニケーション能力に著しく不安の残る鬼太郎を代行に立てます。

テンション低いわ話は合わないわ、結局身代わりだったとバレた上に姿もガッツリ見られてしまい、危惧していた事態を飛び越して何故か「騙したな!」と逆行する人間にカバンで張り倒されるのっぺらぼう。不憫

 

そして同じユニットの相方の正体が白粉婆というまた別の妖怪だった!という衝撃の展開

 

f:id:fromDQOz:20190217103047j:image

 

大分前のやつですがイラスト有りました。まぁ白粉婆は基本ですよね。誰もが通る道と言うか

おしろいで人間に化粧(変化)して酒を買いに来る妖怪、とされてますが今回は何故か野郎のイケメンに化けて文字通りファンの娘を「食って」ました(ほんと6期はすぐ人殺す)。婆→王子様ってもう詐欺のレベルじゃないですね。妖怪のメイク技術恐るべし

アイドルを辞めたがる北島をも葬ろうとする悪行婆ですが、其処に健気にもSOSを受けたゴーゴー万次郎が馳せ参じます。妖怪を受け入れてくれた小さい頃の北島のように、有りの侭の自分で居る事の大切さを説くのっぺらぼう。よく見たら舞台もちょっと採石場風で、何処と無く特撮ヒーローものっぽい熱が漂います(こじつけ)

 

のっぺらぼうが白粉婆に立ち向かう構図って実は4期辺りのリスペクトだったりするんですが、そんなのっぺらぼうの献身に心打たれたのか北島も共に戦おうと岩で殴りかかります。若干長めの語りをキチンと待ってから「小癪な!」と一声入れ空中から武器を取り出し謎の毒を吐きかける悪役の鑑婆。

兎にも角にも友情パワーで必死の抵抗を試みる二人の元に無駄に脚がエロい鬼太郎も出勤し、ラストは駆け付け指鉄砲で全てを終わらせました。主人公なんですけどね、美味しい所持ってく奴っていう印象しか無いですね。最早

 

表現したい事と求められるキャラクターの間で揺れる芸能界(と言うか社会)において「本当の自分」を何処に見出すか、という話でした。彼はヒーローオタクという素の自分を選び成功を収め、尚且つネットや鬼太郎を媒介にした「成り済まし」の関係だったのっぺらぼうとも打ち解けて真の友人関係を取り戻す訳ですよね。仮初のアイドルの姿を追い求め人間を辞めた房野きらら(ずんべら回)、妖怪から拝借したネタで得た名声を捨て切れなかったイサム(さら小僧回)とは或る意味対局の幕引き。着地も非常に優しかったです

 

にしても6期の芸能界マジ終わっとんなって感じですね。闇深すぎ。特殊な環境だから人間のグロい所なんか見せ易いのかも知れないですが、にしても隙有らば芸能界!ドーン!みたいな風潮感じません?

あと上述で触れた房野きららの再登場は有りませんでした。やっぱり基本1話完結なんでしょうかね。全く完結してないんですけどね。俺の中では

 

来週は万年竹。個人的に好きな妖怪なので楽しみです

 

 

はい

 

 

 

('A`) < インザ サマー