DQOzはそういうことだから

DQOz非公式サイト

毒男とずんべらと猫娘のようです

 

('A`) < あふ

 

毒男です。テスト期間真っ只中ではございますがアニメと妖怪は生命維持活動なので今週も鬼太郎について感想など

今回はかなり際どいというか、突っ込むなぁって感じのアレでした。

 

f:id:fromDQOz:20180708102824j:image

 

敵、ではないですね。登場した妖怪は「ずんべら」でした。絵はのっぺらぼうです

関連性は有るでしょう。のっぺらぼうの事を「ずんべらぼう」とも言いますし、所謂妖怪としての「のっぺらぼう」と漫画の中でオリジナルの脚色がされたキャラクターとの中間みたいな感じかな。言ってしまえば鬼太郎に出てくる妖怪は全員そうなんですけども

 

独特な手法で人間の「顔を盗る」化け物で、鬼太郎好きとしては馴染みの深い「人魂の天ぷら」が登場し一部の好き者達は狂喜乱舞しました。

原作にね、のっぺらぼうがねずみ男に人魂の天ぷらを食わせる話が有るんですよ。コレ割と美味いらしいんですけど、その後腹の中に入った人魂が口から出て行く時に、ついでに顔面も引っ付けて持って行くっていう、まぁ俺も言っててよく分かんないんですけど、兎に角その話の要素を取り入れて来たと。

此処に関しては完全にファンサービスですよね。正味必要無い工程と言うか。

 

何しろ今回ずんべらは女の子の顔を直に剥ぎ取って死人の顔を貼り付けるっていうとんでもねぇ手法で整形ならぬ「霊形手術」を施す超絶セクシーな着物美人のお姉さんで、人魂がどうとかは関係無いんすよ。ずんべらさん本人には所謂妖怪的な描写が殆ど無かったと言っていい。やってる事はおしっこちびりそうなくらい怖いですが

 

 

個人的にこの話のミソというか、主役はずんべらさんではないんです。寧ろ彼女(?)は一種の「装置」として働く事に徹していて、その装置の使用者や取り巻く人間達に(特に後半からラストにかけて)強く焦点が当たる。女の子の話なんですよね。房野きららっていう

 

この娘がすっげぇ「ブス」扱いされます。

放送初っ端から。重い。先週までこんな極端な世界だったっけってなるくらい。よく有るような子供のいじめじゃないんですよ。ただただ顔の悪さの所為で生き辛い人の映像。

 

個人的に中学生にもなってイジメに与するような人には明確な法律が適用されて欲しいなって思ってますが、学校だけでなく人目に触れるだけで容姿を貶められるシーンが続くんです。宅配業者が荷物受け取りに出て来た顔を見て素で悲鳴を上げる。

誇張しまくってるとは言えコレはキましたね。

 

もうきららちゃんは生きるのしんどくなっちゃう訳なんですよ。其処にずんべらが現れる。

人魂の天ぷらを勧められて、少し躊躇しつつも霊形手術の世界の扉を開きます。

 

美少女の姿を手に入れた彼女に対する世界は激変。お約束っちゃお約束なんですけど掌返しも甚だしくて見てて胸糞悪かったです。

 

一番「あ?」と思ったのはね、ユウスケくんですよ。

ユウスケくんは多分、野郎版地下アイドルみたいな感じで、きららちゃんはその追っかけ。別人と言っても良いレベルで美少女化したにも関わらず、彼はその娘がきららちゃんだと気付くんです。まぁ「ブス」扱い時代からゴリゴリのロリータファッションを貫いてたんで目にはつくんでしょうが

 

実は彼、以前からきららちゃんの真摯な応援に心惹かれていたんですよね。アイドルがファンに手を出すというウッフゥゥゥ⤴︎地下アイドルゥ⤴︎ってな展開ですが兎も角ピュアだと。ピュアラヴだと。

顔なんて関係ないさ、大事なのはコ・コ(胸を親指でトントン)的なね。とんだ出来杉男だったんです。

 

ユウスケくんによるその「掌返し」が、逆にきららちゃんの覚醒を加速させてしまいます。

霊形を経て丸っ切り逆転した生活と、見違えた世界……其処で気付いちゃった訳ですね。誰よりも「顔」に、ソトヅラに拘っていたのは、実は自分自身だったんだ、と。

 

そんなこんなで、きららちゃんは倫理とか常識とかぶっ飛ばして美少女の自分を実現してくれる妖怪美容整形外科と、真っ当に、ありのままの人間として生きて行こうと説得するユウスケとの狭間で揺れに揺れるんですが、葛藤の末本質的な自分を愛してくれる男の腕の中で真の幸せを見出し「素顔」を選択するのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んな訳ねーだろバーカw

 

f:id:fromDQOz:20180708124517j:image

 

 

いやー

 

ね。

最後のどんでん返しは痛快というか、攻めてるな!って感じでした。「うーん…人間、やっぱり顔!w」エンドですからね。別に整形を肯定するとか否定するとかそんな話じゃなくて、房野きららという1人の女の子が妖怪と交わって

「化ける」事を選んだっていう、その恐怖ですよね。彼女は妖怪になったのか、人間のままなのか、今後どうなって行くかも闇の中で、ある意味非常に都市伝説的と言うか、人間のサイコな面が主役を張った「怖い話」を読んだ気分でした。そういう意味ではぶっちゃけ振り返った顔がのっぺらぼうだった方が「怖くなかった」かも知れない。

 

因みにもう一人、ユウスケくんの追っかけできららちゃんに酷く当たってた娘も霊形に走ってて、その娘はずんべらに顔を返して貰って元の社会に収まってるんですよ。

今期の納得行かねーと思う所は、人間の汚い所抉りまくってる割に、そいつらにケツあんま拭かせないっていう。逆に無辜の人間はガンガン死ぬ。日曜日の朝にやってるアニメなんだからもっとこうさ……何処までもヌルい勧善懲悪のさ……安心して観てられるようなさ……おじさんもうメンタルが朧豆腐なんすよ……

 

あとユウスケくんの顔取り外しシステムに対する適応の速さな。30分アニメなんでね、戸惑ったりする取り乱したりする時間が勿体ないのは分かりますけど

怪異に対する常識が一貫しないのは割と鬼太郎の世界では有りがちと言うか、漫画の時から「妖怪を普通に認知してる人間」「妖怪がらみの事象に対して物分かりが良過ぎる人間」と「頭っから信じない人間」の態度の差には度々混乱してきました。新聞載ったりしてますからね。妖怪として。

 

 

まぁ話を戻しまして

結局正義の、いや正論の使者かな。主人公たる鬼太郎は勿論、ヒロイン格の余裕タラタラで(偏見)安易に同情する他人以上知り合い未満のまなも、「本当の」きららちゃんを(恐らくは)心から支えたいと願い、アニメでこんなテンプレやられたら今日日男も女も落ちるやろみたいな絡み方をするイケメンぐう聖ユウスケくんも、彼女にとっては全く、何の救いにもならなかったって事なんです。

彼女は自分の意思で霊形なのか、或いは真っ当な(?)整形なのかは分かりませんが、美少女化を選んだ。コレはなかなか強烈というか、最近のアニメってこえ〜みたいな、「人間怪談」的演出の怖さとはまた別の、二重の意味で恐怖を感じましたね。

ラストシーンできららちゃんが見せた清々しいキュートな笑みはインパクト抜群でした。正直鬼太郎居なくても充分成り立つエピソードでしたね。

 

 

 

 

 

で、

更に言うとですね

 

 

 

こっからはもう凄いキモオタクの拗れたアレなんですけど

 

この話、今期では主に人間のモブに割り当てられてる所謂「水木調」のビジュアルと、今期のアニメである意味中心に立ってる「猫娘、まな的」ビジュアルの境界と言うか、

 

メタっぽい何かを感じて三重に怖かったです。

 

あの目鼻口からなる顔立ちのデザインは水木しげるの世界観を構築する上では外せない絵柄だと思ってるんですが、少なくともアニメにおいて、そのコンセプトは「今風」に食い潰されたんだなと。

八頭身猫娘とまなちゃんが出て来た時点で、もっと遡れば三期の夢子ちゃん登場辺りから怪しくなっていた事ではありますが、「ゲゲゲの鬼太郎」においてすら「美人」「綺麗」「可愛い」の基準はリアルの、俺たちが生きている現実の、三次元の世界で設定した「アニメ的美人像」に順ずるようになったというか、

そもそも原作との関係は緩いものに保ちつつソフト・ハード両面で柔軟に、その時その時のアニメにおける特色や社会背景を飲み込んで来た事で此処まで生き抜き、愛されてきたという面も今作品には有るのでしょうが、兎も角「外の世界」の侵食度合を感じてしまいましたね。勝手に。

 

だからと言って事あるごとに「こんなの鬼太郎じゃない」とキレるのは不毛ですけどね。これも鬼太郎、あれも鬼太郎という大きな視界が必要なんでしょう。原作を大切にする事と、続編、派生作品(と敢えて此処では言いますが)を攻撃する事は必ずしも結びつかないと考えています。

「俺は原作が好きなんだ」と主張する人は居て当然だと思いますが、「原作が至高であとはクソ」とか「〇期以降の鬼太郎はゴミ」とか言ってる人は嫌いです。紙一重なようで、案外違うんですよ。外に向けての発言で慎重さや配慮に欠ける人間に対する不審も含め

 

 

何が言いたいかっつーと

 

f:id:fromDQOz:20180708114823j:image

 

こんな無礼千万な記事を書いてネットに公開するという行為は、作品に対する愛も理解も、産みの苦しみを慮る気持ちも欠けている、オタクを名乗るのもおこがましいレベルの「何か」だと自分から暴露してるようなもんだって事です。愚の骨頂。

 

でも、もう良いんですよ。

こういうのが出て来るってのは話題になってる証拠ですから。好ましい形かどうかは置いて好きな作品に人気が出るってのは普通に嬉しいですし、いやまぁオタクは其処にすら難癖付けたくなってくるからこそ気持ち悪いんですけど、兎も角追ってる身として、ある程度は、ね。

人生諦めだけが救いなので。御大のデザインを基調にした顔が公式でブス扱いされようが、生前の目玉おやじが引くくらいイケメンだろうが、それをイジる輩が湧こうが良いんです。最終的には俺が何を、何処まで、どれだけ愛せるかに尽きるものですから。キモい事言ってんな

 

 

 

具体的に言えば

猫娘はみんな可愛い」

 

 

f:id:fromDQOz:20180708115351j:image

 

 

これが俺の真理なんで。宜しくお願いします

 

 

 

 

では

 

('A`) < あばばばば